たっぷり使用しても肌がべたべたしないニキビ用化粧水は快適に過ごせます!

きっこ 女 30代 主婦 脂性肌

“美白化粧水や保湿化粧水を使用するとお肌もっちりと保湿効果が抜群な状態となりますが、
時間がたつにつれて脂性肌の人だとべたついてきてしまったりもするものです。

しかし、ニキビ肌用の化粧水を使用するとたっぷりとお肌に浸透させてもべたつきにくく
さっぱり肌を維持できる時間が長いことに気づきます。

私の場合は胸元ニキビ背中ニキビのお肌の状態やニキビ予防のために体にも顔用のニキビ用化粧水を
愛用したりしています。お肌の状態がべたつかずいつまでもほどよくさっぱりするところが
心地よいしやはり悩みのあせもやニキビもできにくい感じがします。

ニキビ用化粧水ならばフェイスマスクにしみこませてしっかりとパックをしてみたりしても
良い効果を与えてくれたりもします。入浴後のお肌にしみこませると保湿力が感じられて
お肌がもっちりするけれども肌質自体はさっぱり感があるのが嬉しいのです。

特に脂性肌の人にはニキビ用化粧水は良い効果をもたらしてくれるようですね。

私の場合は多少アレルギー症でもあったりするので、できるだけ添加物ばかりでできて
いるようなタイプの基礎化粧品は避けるようにしています。できるだけ無添加に近い
素朴な基礎化粧品がやはり肌荒れしにくく長く愛用できるたりするのでうれしいのです。”

酷いニキビをどうやって治すか

私はニキビが酷い。
おでこ、Tゾーン、口の周り、顎、背中。
身体ニキビはそこら中にできていて、正直お恥ずかしい限りのニキビだ。
ちなみに、父は揖保やポリープが体中に出来ている。

とある旅番組で笑いを取り合って競うと言う番組があった。
その番組の中でにきびとポリープや揖保は従兄弟のような存在と言っていた。
そして、近隣の神社の水を飲ませたらポリープが治ったから、にきびにも塗って治すように
促していた。
その番組ではっとした。

正直、様々なニキビを除去する薬を使った。
皮膚科へ行くと、「生理を止める薬を飲め!」などとふざけたことを言われた。
結局、どんな薬も目に見えて効かず自力で治すことを決心した。

まずは、「揖保に効く美容液」と言うものを購入した。
それまでは、ニキビが出来たら大量の乳液を付けて治していた。
付けてみるとやはり付けないよりはマシじゃないかと思う内容だった。
乳液で治すよりも綺麗に治る気がした。

胸には胸元ニキビに効くスキンケアを使った。

そして、「パイナップル」がニキビには良いと聞いた。
たまたまパイナップルを食べる機会に恵まれ、沢山食べた。
しかし、私はパイナップルを沢山食べると胃が痛くなる傾向にある。
だから、キウイフルーツにした。
私は、実はフルーツを食べる習慣が無かったが、毎晩食べるようになった。

そして、何が何でも12時前に寝るようにした。

額のニキビはストイックな人に多いそうだ。
だから、「頑張ること」を止めた。
極力心配もしないで生きることを決めた。

すると、見違えるまでに良くなった。
でも、ある日緊張する耽美にニキビが出てきた。
だから、ニキビが出ても気にしないでいるようにした。
すると、また良くなった。

乾燥肌ニキビなのか、何か原因はわからないが、とにかく良くなった。
乾燥なら、化粧水などで潤すのも手だ。

今は良くなったので、しばらくこの方法を続けたい。